若白髪で悩む学生や10代の男性に伝える若白髪対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スポンサードリンク

 

 

子供の頃から白髪が生えていて友達や周りの人に言われて、何となく嫌な思いをした事などありませんか。

実は私も小学生の時に若白髪が生えている事を知ってすごく嫌になりました。

たしか友達に言われたような気がします。

別に何が嫌と言う訳でもなく、何となく嫌だった記憶があります。

そして中学や高校に入っても、いつも白髪が気になって過ごしていましたね。

だって周りの同級生や他の子は黒い髪しか生えていないからです。

だから小学生や中学生で白髪が多く生えているとすごく注目されているようで嫌な気持ちが分かります。

でもそんな若白髪が気にならなくなる対策を紹介します。

これで白髪が気にならなくなって安心できるといいです。

1.若白髪とは

若白髪は若い世代の10代や20代前半に生えている白髪になります。

歳をとっている人の白髪はただの白髪ですからね。

やっぱり若い人の白髪の事を指しますね。

10代ですと思春期ですごく白髪が1本でもあるだけで気になるはずです。

ちなみに白髪は黒い色素が付いていなくて生えてきた状態です。

もともと髪は白髪がベースみたいで黒い色素を付けて生えてくると黒髪になるようです。

その黒く付く色素がなくなると白髪のままみたいです。

2.若白髪の原因

若白髪の原因はいろいろあるみたいです。

何故自分だけ若白髪があるのだろうと思う方もいるでしょう。

でも嫌なら対策できるのでしっかりと知って向き合っていく必要があります。

  • ストレス
  • 栄養不足
  • 睡眠不足
  • 遺伝

では少しずつ見ていきましょう。

2.1.ストレス

最近は何でもストレスだからと決め付けていますが、心の中で悩みなどしていませんか。

友達とうまくいっていますか。

学校生活や、家族との関係などがストレスになっていませんか。

ストレスが多いと色素がなくなる事があるようです。

深呼吸をして少しストレスを解消できるといいでしょう。

2.2.栄養不足

野菜をあんまり食べずにバランスよく食事をしていますか。

インスタントラーメンやファーストフードなどばかり食べて栄養が髪に伝わっていないかもしれません。

適度な運度もして栄養のバランスを考えるようにしましょう。

2.3.睡眠不足

ゲームやスマホばかりしていて、しっかりと眠れていないのでしょうか。

部活に勉強と忙しく、遊びたいのもわかりますがしっかりと寝る事が大切です。

睡眠不足はホルモンバランスが崩れてしまうので7、8時間ぐらい眠れるといいでしょう。

2.4.遺伝

遺伝で若白髪が多く生える方もいます。

薄毛などもそうですが、髪の毛は遺伝の影響が多いようです。

親が若白髪が多かったりしたら、たぶん遺伝が強いでしょう。

しかし遺伝だからといって対策が無い事もありませんので、上記の事をいろいろと気をつけて過ごせばいいはずです。

3.若白髪の対策

1本から数本の方はそんなに気にしていないと思いますが、結構若白髪が生えてると目立つと思い隠したくなりますよね。

気になる若白髪をどうしたらいいのか参考までにお伝えします。

  • 切ってしまう
  • 抜く
  • 染める
  • 栄養をとる

3.1.切ってしまう

髪の根元で切ってしまうと目立たなくなりますが結構面倒ですし、自分できれない場所もあるかと思います。

数本であれば簡単なのでいいかもしれませんが若白髪の数が多いとあんまりオススメできません。

3.2.抜く

白髪を抜きたくなるのはどうしてでしょう。

おそらくきれいにサッパリとなくなるからです。

しかし、白髪を抜いても同じ場所には白髪が生えてくるのを知っていますか。

色素が付かないと変わらないのです。

頭皮も傷つけますしいい事はありません。

あんまりダメージが大きいと白髪すら生えてこなくなって薄毛になっていきますので、抜くのはやめるようにしましょう。

3.3.染める

あんまり若いと髪を傷めるのでオススメはできませんが、気になるなら染めたほうがいいです。

必ず白髪がなくなりますから。

若白髪がある事でストレスやいじめやすごく嫌なら染めてスッキリしてしまいましょう。

小学生なら親に相談して白髪染を買ってきてもらって、やってもらうのもいいでしょう。

もちろん自分でもできますが、難しいので慣れるまで上手くできず大変かもしれません。

あと最近ではシャンプーで白髪染ができるのもあるようですが、即効性はないようです。

時間を掛けていいのであれば、自然な改善方法かもしれません。

3.4.栄養をとる

白髪に色を付けて生えるのが健康な黒髪と紹介しましたが、色を付けてくれる色素には栄養が必要なんです。

必要な栄養は挙げればきりがないですが、ビタミンやミネラルやタンパク質などさまざまです。

だからバランスよく食事をする事が大切なんですよ。

まとめ

結論からすると若白髪は染めるのが一番解決できます。

はずかしい気持ちがあるでしょうが、結構若白髪を染めている方は多いのですよ。

小学生や中学生はやっぱり美容院や床屋さんでやってもらったほうがきれいに染まりますからね。

もちろん自宅でも染めれると思いますが、ひとりでやるのではなく親に手伝ってもらったほうが仕上がりはきれいかもしれません。

いずれにしても、染めて白髪を無くす事によって今までとは違って安心して過ごせると思います。

私も実際は染めていました。

実は今でも染めていますよ(笑)

10代はいろいろと気になる世代ですが、自分だけと思わずに1度気軽に染めてみると安心できると思います。

自分の周りに若白髪の方がいなくても日本で探すとかなり若白髪で悩んでいる事を知ってください。

でも若白髪は染める事でしっかりと隠せます。

しかし髪がなくなるとそれすら難しいものです。

ぜひ自信を持って過ごしてみてください。

もちろん、髪を染めてもバランスのいい食事や自然に染まるシャンプーなども並行して試す事でより安心できると思いますよ。

 

 

スポンサードリンク

 

 

売れてる人気メンズコスメランキング

10代洗顔料 20代洗顔料 30代洗顔料

 

40代洗顔料 50代洗顔料 60代洗顔料

 

化粧水 オールインワン スキンケアセット

 

メンズシェーバー シェービング剤

 

ボディシャンプー ボディクリーム

 

シャンプー 育毛剤

 

香水 デオドラント

 

トラベルセット

 

ニキビケア

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*