男性のきれいな肌を保つ日焼け止めの塗り方

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

海やプール、屋外で遊ぶ時などで日焼け止めを使用する男性も増えていますね。

やっぱりサンバーンなどの肌荒れやシミ、シワなどを考えているからでしょう。

最近の紫外線は気温と共にどんどん上がってエネルギーも強くなっていますので肌には強敵です。

その紫外線からしっかりと肌を守る為にはやっぱり日焼け止めをする必要があります。

ちなみに日焼け止めの塗る順番みたいなものって男性は知っていますか。

ただ適当に塗るだけでは効果が無い場合もあります。

そこでどうでもいいかもしれませんが男性の日焼け止めを塗る手順を少し紹介します。

男性は女性みたいに毎日使用しないと思いますが、もし日焼け止めを使用する時はぜひ参考にしてみてください。

1.紫外線の種類と肌への影響

紫外線は太陽の光からでる波長みたいなもので、大きく2種類の紫外線があります。

そしてUVとはもちろん紫外線ですがUVケアをしないと肌がどんどん汚くなっていきますので紫外線対策は男性でも必要なのです。

  • UVA
  • UVB

紫外線の種類は大きくこの2種類です。それでは少しだけ説明していきます。

1.1.UVA

UVAは紫外線の95%を占める地表に届く紫外線です。

このエネルギーは比較的弱いんですがじわじわと肌にダメージを与えてくる感じのものでハリやシミなどの原因になります。

1.2.UVB

UVBは紫外線の残りの5%になります。

この紫外線はエネルギーが強くて日焼けの炎症やサンバーンなどはこれが原因の多くになります。

2.日焼け止めの塗り方

日焼けの種類はどちらにしても肌にダメージを与えてシミやシワ、肌荒れなどに繋がります。

すごい大げさですが紫外線を浴び過ぎたら皮膚がんを誘発する原因になることもあるのでUVケアを見直しましょう。

それでは日焼け止めの塗り方を簡単に説明します。

  • まず汚れを洗い流します(顔であればをきれいに洗い化粧水や乳液などで保湿をします)
  • 適量を手に取り、指で数か所に付ける
  • その数か所を少しずつ伸ばしていく
  • 最後にもう一度全体に塗る

2.1.汚れを洗い流す

顔は丁寧に洗顔をしてから肌に化粧水などで潤いを閉じ込めて、少し時間が経って肌が落ち着いてから塗ります。

体なども汗や汚れを一度きれいにしてから塗りましょう。

肌が汚れている状態では表面的にしか塗れていなくて内部には届いていなく効果が少なくなると思っておいていいでしょう。

2.2.指で数か所に付ける

汚れをきれいにしてからある程度時間が経ったら手の平に適量を出してから反対の指で付けたい部分を数等分に分けて指で数か所に付けていきます。

この時にたくさん付け過ぎるとムラになるので少しずつ付けていきます。

均一に塗る事で肌が守れると思ってください。

2.3.少しずつ伸ばしていく

先ほどの数か所を少しずつ全体に伸ばしていきます。

足りなかったら、また指で数か所に分散させながら付けていき全体に伸ばします。

2.4.最後にもう一度塗る

一通り伸ばせたらもう一度手の平に適量を取り今度は両手に馴染ませてから肌全体に抑えるように塗っていきます。

肌を擦らないようにやさしく肌に抑える感じで全体を再確認しながら塗りましょう。これでおしまいです。

まとめ

日焼け止めは結構簡単に考えている男性が多いです。

塗っているつもりでもしっかりと塗れていないと紫外線対策にならない時もありますので注意してください。

きれいな肌の状態で日焼け止めを塗る事も合わせて覚えておきましょう。

これを機会にいつまでも健康的な肌を保てるように男性も日焼け止めを見直すといいでしょう。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

関連記事

  1. カサカサ肌に使える薬剤師が開発した保湿せっけん

  2. 香りもいいメンズ用のハンドクリーム

  3. 気になる汗のニオイと男の体臭と加齢臭

  4. メンズ用のデリケートな部分もできる全身用脱毛ワックス

  5. デオドラントとは

  6. 男の乾燥した体もしっかりと保湿ができるボディクリーム

コメント

  1. この記事へのトラックバックはありません。