男性の洗顔の後に必要な化粧水の使い方

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

肌荒れが気になって自分のスキンケアが間違っているかもしれないと思う男性もいるのではないでしょうか。

そのスキンケアは洗顔をして化粧水をして乳液などで保湿をしているでしょうか。

洗顔のやり方はだいたい分かると思いますが化粧水をどのように付けていますか。

しっかりと肌に化粧水を入れているでしょうか。

肌が乾燥などをすると皮脂が分泌したりして肌荒れに繋がっている事もあります。

その乾燥を防ぐために洗顔の後に化粧水で水分を肌に補給をする必要が大切なのです。

そこでスキンケアの基本の化粧水の使い方を少し紹介します。

1.男性の化粧水の種類

化粧水の種類は柔軟化粧水やニキビとか肌荒れ対応のにきび用化粧水だったりとかいろいろとあります。

しかし男性なのでポイントだけ簡単に説明します。

  • しっとりタイプ
  • さっぱりタイプ
  • アフターシェーブローション

この3種類を知っておくだけで十分ですのでしっかりと覚えてください。

では少し説明していきます。

1.1.しっとりタイプ

これは保湿タイプともいわれてる化粧水もありますが敏感肌や乾燥肌の方に最適です。

しっとりやモッチリとして肌の弾力がでる化粧水です。

1.2.さっぱりタイプ

脂性肌やベタツク肌の方に向いているのがさっぱりタイプの化粧水です。

付け心地もさらっとしていて気持ちがいいのが特徴です。

1.3.アフターシェーブローション

髭剃りの後の肌ケアをする為の化粧水です。

髭を剃る事で肌にダメージがあるので化粧水で潤いを与える事で肌荒れになりにくくなります。

2.男性の化粧水の付け方

基本的に化粧水は洗顔の後に水分補給するものになります。

洗顔をすると肌が乾燥するので必ず化粧水がいるんですよ。

もちろん髭剃り後などにも化粧水を使って肌ケアをしましょう。

肌が乾燥すると肌荒れの原因になるので肌には水分が必要なのです。

それでは付け方を簡単に説明します。

  • まず顔の水分をやさしく拭き取ります
  • 化粧水を手に適量取ります
  • その化粧水を肌に入れます

2.1.顔の水分を拭き取る

洗顔後に化粧水を付けるのですが、肌が濡れている状態では付けれません。

顔の水分をやさしくきれいなタオルで拭き取りましょう。

2.2.化粧水の量

量については500円玉ぐらいのサイズとか聞きますが適量は肌に入る量です。

人によって肌質も違うので自分の肌で吸収してくれる量を知る事が大切です。

始めはどれくらいか分からないと思いますが少しずつ慣れていけばそのうち適量がわかるでしょう。

2.3.肌に化粧水を入れる

先ほども伝えましたが肌に化粧水を入れる量は足りないより多いほうがいいので。

その化粧水を手にとって肌にやさしく抑えるように入れ込んでいきます。

ゆっくりと手を当てて軽く抑えるようにするのがコツです。

肌に入って化粧水がなくなったらまた手にとって入れ込みます。

ある程度入ると肌が吸い付くようになってきます。

それで化粧水が肌に付けれた事になります。

まとめ

男性の化粧水の付け方は基本的に女性と同じだと思います。

コットンでつけるとかスプレーでつけるなどいろんな方法もあるみたいですが手で入れ込むのが一番いいです。

人肌の温度で肌に入りやすいのです。

化粧水でも付け方を知らないと効果もなくなる事があるのでしっかりと覚えておきましょう。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

関連記事

  1. スクラブタイプの洗顔料か泡タイプの洗顔料かどちらが肌がきれい…

  2. 男もまつげ美容液で目元をくりっと注目させる

  3. 顔の肌で悩んでる男性にお得で便利なスキンケアセット3選

  4. コスパ最高のメンズ用乳液

  5. 泡立てネットも付いてくるニキビ肌に効果的な武装ソープ

  6. メンズコスメが初めてな方にオススメなセット3選

コメント

  1. この記事へのトラックバックはありません。