気になる髭剃り後の肌荒れと肌ケア

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

髭剃りをしてから、その後のケアとか何かしていますか。

何もしなくてもカミソリ負けや肌荒れなどはないでしょうか。

アフターシェーブと言われる言葉があるくらいなので髭剃り後は必ずケアした方がいいでしょうね。

そんな意外と知らない髭剃り後の肌ケアを紹介します。

1.まず基本は髭剃りのやり方

髭剃りは電動かT字カミソリのどちらかがほとんどではないでしょうか。

慣れや剃り心地などもありますが自分の好きな方でいいでしょう。

ただ、カミソリなども刃は手入れをして清潔な状態で使用するようにしましょう。

1.1.電動シェーバー

電動シェーバーは何も付けないでそのまま使用している方も多いようです。

シェービングクリームなどは難しいと思いますが、電動シェーバーの使用方法をしっかり読んでからジェルなど何か髭に付けてから使用しましょう。

1.2.T字カミソリ

カミソリなのでクリームやジェルなど何でも使用できますが、使い捨ての刃はこまめに交換して使用しましょう。

2.シェービング剤

髭剃りは髭を温めて柔らかくしてから、シェービング剤を使って髭をそり、その後で肌ケアをするのが流れになります。

この流れを適当にしていると肌荒れや青髭などの髭の悩みに繋がるのかもしれません。

2.1.シェービングフォーム

泡ですね、髭をそのまま剃るのでは摩擦が違いますので付けることによってやさしく剃ることができます。

T字カミソリを中心に利用できます。

2.2.シェービングジェル

ジェルタイプは泡と違い髭がよく見えるので髭を整える方にはいいかもしれません。

2.3.シェービングオイル

オイルは肌が弱い方にはおすすめです。

だからではないですがカミソリ負けなどの肌荒れにはなりにくいようです。

3.髭剃りでの多い悩み

髭が太かったりカミソリ負けをしたり青髭になったり髭の悩みは結構あるので、まず自分の肌質を理解してから髭剃りの道具を選び丁寧に髭剃り用品の管理をしましょう。

しっかり肌ケアをする事によって次回の髭剃りの違いや、髭の剃り心地に変化がでてくるので髭剃りを丁寧にすることによって髭の悩みが減ってくるでしょう。

3.1.青髭

青髭にもレベルがあると思いますが、印象はよくないので青髭の特徴の髭の残りをなるべく減らすのが効果的です。

毛穴を広げてから剃るとかエステに一回行って相談するなどきれいに剃ることから始めましょう。

3.2.カミソリ負け

カミソリ負けは結局肌に合ってないので肌が荒れているのです。

そればシェーバーなのかシェービング剤なのか剃り方なのか人それぞれですが一つずつ見直しましょう。

髭剃りを普通にするだけでも肌にダメージを与えていると思えれば、肌にやさしくできるはずです。

3.3.にきびなど

肌荒れと同じで上手に剃れてなくて、毛穴に菌が入って肌荒れに繋がっています。

シェーバーの替え刃をずっと交換していなくてばい菌だらけで使用するとか考えれば分かりそうですね。

4.髭剃り後の肌ケア

シェービング後は肌にダメージがあるので化粧水やジェルなどで肌ケアを必ずするようにしましょう。

そうする事によって肌荒れが減り、髭がきれいに剃れていい流れになるはずです。

4.1.化粧水

化粧水で洗顔の後と同じように使用すると肌に潤いが生まれます。

毎日髭を剃ると毎日負担がかかるのと同じなのでケアは必要です。

4.2.シェービングローション

専用のローションなので効果も優れていますが化粧水より少し成分が多いかもしれません。

自分の肌質に合うのを使用しないと逆に肌荒れになりそうなのでそこは注意が必要になります。

まとめ

髭剃りは面倒な作業でそれが日課となると、おろそかになってしまいがちです。

ちょっとした事が髭剃りの肌荒れにつながります。

何度も言いますが髭の悩みを解消するには日々の正しい髭剃りからです。

自分の髭剃りを見直すことによって肌荒れも減るかもしれません。

髭は清潔感などの印象がありますのでしっかりと肌ケアしながらシェービングをしましょう。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

関連記事

  1. 全身脱毛

  2. 髭剃り後の肌ケアにレーザーバーンリリーフ

  3. 保湿ができるイーシェーブのアフターシェーブクリーム

  4. 最新メンズ用T字カミソリランキング 2021年9月

  5. 洗顔にも使えて髭の悩みが解決できる男のシェービングフォーム

  6. 髭剃りに必要なアイテムがセットのスタートアップキット

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA