気になる汗の臭いと加齢臭などの嫌な体臭の解決方法

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

汗をかいた後や仕事が終わってからの体の臭いなど次の予定を考えると気になるものですよね。

自分の布団や枕の臭いは自分の体の臭いと思い悩んでいる方も多いでしょう。

そんな加齢臭や汗の臭いについて少し紹介します。

1.まず加齢臭とは?

加齢臭って聞きますけど具体的にどんな臭いなのでしょうか。

簡単に説明すると体臭で年齢とともに臭いの成分が変化しておやじ臭などとも言われているようです。

これは仕方がないものですが、強い臭いは周囲に影響を与えるのでもし気になるのであれば体臭の改善を考えた方がいいでしょう。

1.1.加齢臭を軽減させるために

たばこやお酒、食事ではお肉を中心としたものを減らすのが効果的でしょう。

簡単ではないかもしれないが加齢臭を気にするのであれば体の内面をきれいにする必要があります。

1.2.加齢臭対策のケア用品

体の臭いを考えていろんな商品がありますが実際使用してみるとどうなのかは気になるでしょう。

もちろん効果はあると思うが時間が経つと薄れていかないだろうかなどといろいろ思うかもしれませんがやらないよりやったほうがいいに決まっています。

そうゆう努力のケアで体臭が変わる方もいるかもしれないが、やっぱり食生活などの内面を改善するのが一番効果的かもしれません。

2.皮脂の分泌と臭い

男性は女性より皮脂が分泌しやすい体みたいです。

顔だと脂でテカリやベタツキもあるが、顔や体だけではなく頭皮も分泌しているのは知っていましたか。

その頭皮から分泌している皮脂は臭いがすごいので体より注目した方がいいかもしれません。

2.1.頭皮

頭皮って髪の毛のぐらいの意識しかないでしょう。

全然関係ないですが頭皮の毛穴をきれいにする事によって髪が生まれ変わります。

逆に毛穴が汚れで詰まると髪が抜けたりしてしまいます。

その毛穴から皮脂が分泌していろんな影響を与えているのできれいにすれば良いことだらけなのです。

臭いや髪を考えてシャンプーの時は髪より頭皮をきれいに洗うようにしましょう。

2.2.体と首

周囲から臭いが気になる部分は背中や首の後ろが多いみたいです。

お腹側の正面より背中側の方が洗いにくいのか、どうも汚れが溜まっているようですのでしっかりと洗いましょう。

体はやさしく全体を清潔に洗うことで臭いも軽減できます。

3.香水やデオドラント

外部からの臭いで気になる臭い対策をする方も多いようですが、結局持続性など臭いの混ざりを考えると微妙な感じになります。

しかし即効性や悪臭を考えると使った方がいい時もありますので考えて使うようにしましょう。

3.1.加齢臭を基本的に香水で隠すのはよくない

香水のつけすぎの方ってたまにいますがどうしてそんなに付けているのかわかりませんが、香水は香りを楽しむものですよと伝えたいです。

ほんの少しの量で結構臭いますので大量に付ける必要性は無いと思います。

そして体臭を隠すために付けている方は特にやめた方がいいです。

体臭と香水が混ざってすごい臭いになりますので考えて香水は使用しましょう。

3.2.デオドラント

デオドラントは体臭を抑制するものなので気になる臭いが出た時には使用すると効果があるでしょうがこちらも付け過ぎるとよくないので注意して使用しましょう。

3.3.制汗剤

デオドラントと逆で汗を抑える商品なので汗をかいてからでは意味がないので、汗をかいたら困る時など事前に使用して軽減できるようにしておきましょう。

まとめ

臭いはいろいろと気になるものです。

しかし誰でも臭いはありますので多少は仕方がない事かもしれません。

日々の生活で違いがあり、体や臭いのケアでかなり体臭などが違ってくるのも事実でしょう。

体臭は食事やストレスや体質、生活習慣を見直すことでかなり軽減出来るはずです。

ボディケアや食事などいろいろ試して、どうしても臭いが無理な場合に外部からの対策になるはずです。

始めからデオドラントや制汗剤に頼らず、まずはお風呂での洗い方など簡単な所からチャレンジしてみてください。

体臭は自分より周囲に影響を与えていますので心がけましょう。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

関連記事

  1. 96%が体臭を感じなくなったデオドラントソープ

  2. 体毛などのムダ毛を簡単に処理できるメンズ用脱毛クリーム

  3. なんとかしたい体の乾燥

  4. 良い香りのメンズボディクリーム

  5. 多くの男から支持される脱毛専門店は男性専用で何よりも安心感が…

  6. ミドル脂臭がなくなる男のデオドラントボディウォッシュ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA